Menu
許諾番号:9015886003Y58097

Releaseリリース情報

Greetin’ Live at TheGLEE

直居 隆雄
品番
GPHR-19016
フォーマット
ハイレゾダウンロード配信
CD販売
発売日
2020/04/29

商品概要

Greetin’
Live at TheGLEE
TDY
Takao Naoi Daisuke Kawai Yasushi Ichihara
直居隆雄(ギター) 河合代介(オルガン) 市原康(ドラム) まきみちる(ボーカル)

皆様ギターの直居隆雄ともうします。
もう55年という長い間音楽の世界で生きてきましたので、業界内ではそれなりに顔は広いと思います。
ただ、一般の方々にはほとんど知られていないと少し僻み気味です。
さて、僕自身のリーダーアルバムは23歳の頃二枚のアルバム(もちろんアナログLP)を発売してますが、今回はなんと51年ぶり(!)の未曾有の出来事となります。多分50年ぶりにリーダーアルバムを出す人って世界中にいないんじゃないかと、妙に威張っています。
さて、TDYは5年ほど前にオルガンの河合、ドラムの市原に僕が声がけして始まったオルガン ギター ドラム トリオです。
僕が中学生だったころから聴き始めたモダンジャズが僕の音楽の出発点でした。
渋谷のジャズ喫茶で聞いたブルーノートレコードの音が体に染み付いています。
73歳になったのを期に、このトリオのグループとしてのサウンドが出てきて、それを記録しておこうと思い立ち、多くの方々の協力もあり、完成しました。
この歳になると「売れたい」とか「スターになりたい」という欲はなく、淡々とギターを弾く日々ですが、今の僕の「音」はこれです胸を張って言えます。
と、いうわけで、音作りも、ジャケットデザインもブルーノートのハードバップサウンドを意識しました。
また、初めからライブを録りたかったので、掛け声、拍手、ミスタッチなどそのままです。
どうか、60年代のハードバップの格好よさ、ミュージシャンの生き様の格好よさ、勿論音楽のグルーブ、といったものを感じて頂ければボクは幸せです。

参加メンバー

  • 直居 隆雄 ( Guitar)
  • 河合 代介( Org)
  • 市原 康( Drums)
  • まきみちる( Vo)

曲目リスト

Time To Smile
Jubilation
If You Could See Me Now
Greetin’
ライティング ビューロー
The End Of Love Affair
Pensativa
Pent Up House
Minor Adjustment
Baby, It’s Cold Outside

プロフィール

TDY

直居隆雄(Gtr.)
大学在学中より、鈴木勲、大沢保郎、木村新也、原信夫(シャープアンドフラッツ)等のグループで演奏。ニューヨークへの留学を経て、本格的にスタジオミュージシャンとしてジャズ、ポップス、ロック等のジャンルで活躍。またアレンジャーとしてTV・CM・舞台の劇伴等活動の場を拡げる。
1974年「ベスト・スタジオミュージシャン賞」またアレンジャーとして「ヒット賞・ゴールデンディスク賞」を受賞。
参加したレコーディングは数千(万?)曲。参加したコンサートツアーは、野口五郎、アリス、加山雄三、朱里エイコ、服部克久、マリーン、阿川泰子、ジョ ン・ネプチューン、ジャクソン・ファイブ、オ
ズモンズ、ナンシー・ウィルソン、アンディー・ウィリアムス、ディジー・ガレスピー、ペリー・コモ等々。
1995年からJCAA事務局長として音楽家の権利獲得の仕事に従事。多数のコンサート、ライブのプロデュースを手がける。
現在JCAA理事 芸団協理事 日本音楽作家団体協議会(FCA)理事 演奏家権利処理合同機構(MPN)常任幹事

河合代介(Org.)
1965年7月23日生まれ、愛知県出身の日本のハモンドオルガン奏者。独学でオルガンを腕を磨き、88年に倉田信雄に師事。89年、ちあきなおみの「雨に暮れた慕情(リテイク)」でスタジオ・ミュージシャンとしてデビュー。中島美嘉、BONNIE PINKなど、
数々のミュージシャンのレコーディング、ライヴで活躍。その豊かな経験とジミー・スミスを彷彿とさせる柔らかな音色で、日本のオルガン・シーンをリード。2007年に大野克夫バンドに加入し、TVアニメ『名探偵コナン』のオリジナル・サウンドトラックに2011年までハモンドオルガンで参加。

市原康(Drs.)
1950年3月8日生まれ、愛知県名古屋市出身。
開成学園高校卒、早稲田大学理工学部中退。
同理工学部スイング&ジャズ研究会及び早大モダンジャズ研究会出身
1973年、ジャズドラマーとして活動開始。
1974年1月11日渡米。惣領泰則グループ「BROWN RICE」に参加。「BROWN RICE」メンバーとして「エンゲルト・フンパーディンク全米ツアー(U.S.A.、カナダ、プエルトリコ、ベネズェラ)」に参加。ラスベガスにレコーディングスタジオ建設・他全米で活動。
1974年12月、帰国後、ジャズドラマー、スタジオミュージシャンとして各種アルバム、映画音楽、CM音楽のレコーディング、ライブ演奏活動、コンサート、著作、後進の育成などの活動を続け、現在に至っている。
2004年1月、自ら率いるピアノトリオ「TRIO’」を結成、活動を開始。
2004年8月に初リーダーアルバム「What Are You Doing the Rest of Your Life」をリリース。現在もこのグルーブで活動を続けている。

クレジット

A&R&Directed by Jamie Nakamura

Recorded  Jan.13   2020  at TheGLEE

Mixed & Mastard by Jamie Nakamura

一覧へ戻る