Menu

Released Artistリリースアーティスト

maiko

神戸市御影出身。
3歳からバイオリンを始める。
京都市立芸術大学音楽学部卒業。

 

1999年4月、上京。ジャズ・バイオリニスト寺井尚子氏のライブに通いつめ、アドバイスを受けながらジャズ・バイオリンを独学で習得。
1999年12月、第19回浅草Jazzコンテストでベストプレイヤー賞を受賞。
2001年10月、横濱ジャズプロムナード、ライブ・コンペティション本選大会で向井滋春賞を受賞。
2001年12月~2003年1月まで吉川よしひろのザ・チェロアコースティックスに在籍、同時期フュージョン・バンドRed Lotusでエレキ・バイオリンを演奏。

改めてジャズ理論をピアニストの福田重男氏に師事。
そのリリカルでハートフルなプレイは、わが国ポピュラー・バイオリンの第一人者中西俊博氏も絶賛。
パーカッションの横山達治バンドに2004年11月~2007年9月まで在籍。

2001年からの8年間で2,000回を越えるライブ・パフォーマンスを行い、自己のスタイルを確立する。
現在首都圏のライブハウスを中心に自身がリーダーのライブ活動をするとともに、多くのバンド・セッションに参加。
ウィリアムス浩子、青木カレンなど、ボーカルサポートでも活躍。須藤元気主催のダンスパフォーマンスチーム・World Orderでは、武道館公演やアルバムにストリングスチームを率いて参加。一部楽曲ではストリングスアレンジも担当。
スタジオやCM、イベント・パーティ等での演奏、学校公演、病院・施設でのボランティア演奏等、表現者としてさまざまなシチュエーションでのパフォーマンスを精力的に行う。

また、自身が阪神・淡路大震災を被災した経験から、気仙沼や越前高田等、被災地へボランティア演奏に赴いている。
ビバップ、スウィング、ECM、フュージョン、ラテンと幅広いジャンルにおいて、音色の美しさと熱い演奏が身上。歌心あふれるオリジナルナンバーも好評を博している。

洗足学園音楽大学・ジャズコース 非常勤講師。

 

[ディスコグラフィ]

2006年11月、ファーストアルバム「Trust Your Heart」(サウンドフォルテより)
2007年12月、セカンドアルバム「Glowing Colors / Live at Motion Blue yokohama」(同)
2010年11月、サードアルバム「Voyager」(同)
2012年06月、4thアルバム「Hope」(同)

 

Member

maiko(Vln)

Genre

Jazz

リリース情報

Jazz violinist maiko trio live! Three Release / 2016-07-20
maiko meets 木住野佳子 ~二つの個性が出遭うとき~ Release /

一覧へ戻る